VR概念

バーチャル・リアリティ(仮想現実・VR)技術に対する共通の定義はまだありませんが、VRとは、コンピューターによりコンピューター・グラフィックスや画像加、パターン認識、AI、音声システム等の組合せから作られ専用デバイスに統合された3Dコンテンツをユーザの五感で接触することを可能にする技術のこと。

3I:VRを識別する3つの要素

VRの技術は様々な工学技術の成果を相続して成り立ったため、オーグメンティッド・リアリティー(拡張現実・AR)、ミックス・リアリティー(複合現実・MR)や360度動画等と間違いやすいです。それで、それらの技術と分別するために、以下の指標によります。

<p>ユーザがバーチャルの閉環境に存在するような実感がします。</p>

01

Immersion

没頭

ユーザがバーチャルの閉環境に存在するような実感がします。

<p>VRシステムは3D環境でユーザからの動作(身ぶり、声)に対して反応できます。</p>

02

Interactivity

対話性

VRシステムは3D環境でユーザからの動作(身ぶり、声)に対して反応できます。

<p>VRはデザイナーが実際環境の原理をシミュレートするシステムを構築し、さらに実際に想像できない体験まで設計しユーザにもたらすことを可能にするツールです。</p>

03

Imagination

想像性

VRはデザイナーが実際環境の原理をシミュレートするシステムを構築し、さらに実際に想像できない体験まで設計しユーザにもたらすことを可能にするツールです。

VRの没頭性・対話性は下記の専用デバイスにより生成されます。

  • HMD(Head-mounted Display)セット:Oculus Rift、HTC Vive、Samsung Gear VR又はPC/スマートフォン/コンソール

 

  • インプット・デバイス:Leap Motionのハンド・トラッキング設備、Microsoft Kinectの動作追跡デバイス、Sixenseの動作追跡デバイス、Cyberith Virtualizer/Oculus Touch/XBOX controllerの動作生成デバイス等

ベトナムにおけるVR

ベトナムでは最近、スタートアップ会社も大手のIT会社もマーケッティング・通信・イベント企画・建築・不動産等の分野に適用するVRを採用したアプリケーションや製品を提供し始めました。

コウェルアジアもその例外ではなく、早い段階からVRの研究・開発に手を伸ばしてきました。特にVRコンテンツ作成及びUnity 3D、BlenderVR等の中間ソフトウェアを使ったアプリケーション開発という二つのサービスに集中しております。

<p>ベトナムでは最近、スタートアップ会社も大手のIT会社もマーケッティング・通信・イベント企画・建築・不動産等の分野に適用するVRを採用したアプリケーションや製品を提供し始めました。</p>
<p>コウェルアジアもその例外ではなく、早い段階からVRの研究・開発に手を伸ばしてきました。特にVRコンテンツ作成及びUnity 3D、BlenderVR等の中間ソフトウェアを使ったアプリケーション開発という二つのサービスに集中しております。</p>