モノのインターネットIoT

モノのインターネット- Internet of Things(IoT)は、長い間人生のあらゆる面に有用な目的に仕えていて、未だ色々な発見されていない発展の可能性を秘めています。IoTは 世界の「将来のシナリオ」とみなされ、徐々にすべてのデバイス、人々がアイデンティティーコードを与えられ、一緒なネットワークに接続できる。 このネットワークの中で、「アイデンティティー」は、人間と機械または人間と人間の直接な対応が必要ではないで、情報とデータを自動的に送信し、交換することができる。

現在、IoTは「爆発」の発展段階を経験している

現在、IoTは「爆発」の発展段階を経験している。これはIPv6、4G、コスト、テクノロジーの固有性など、さまざまな要因によるものだ。 Gartner、Inc., によると、2020年にIoTの約240億台のデバイスが存在するそうだ。ABI Researchの通り、2020年に300億台以上のデバイスがモノのインターネット( Internet of Things)にワイヤレス接続される。

 

急速な発展にもかかわらず、IoTの開発はまだ多くの障害がある。番目の要因は、別々のシステムにおけるアイデンティティーの「通信言語」と「通信方法」の不均質である。  これは、一番解決しにくいポイントであり、IoTの発展と突破的な適用を阻害している。なぜなら、この均質がなければ、接続されても、「あらゆる物」は互いにコミュニケーションできないし、理解できないし、互いに反応することも非常に困難です。

<p>現在、IoTは「爆発」の発展段階を経験している。これはIPv6、4G、コスト、テクノロジーの固有性など、さまざまな要因によるものだ。 Gartner、Inc., によると、2020年にIoTの約240億台のデバイスが存在するそうだ。ABI Researchの通り、2020年に300億台以上のデバイスがモノのインターネット( Internet of Things)にワイヤレス接続される。</p>
<p> </p>
<p>急速な発展にもかかわらず、IoTの開発はまだ多くの障害がある。番目の要因は、別々のシステムにおけるアイデンティティーの「通信言語」と「通信方法」の不均質である。  これは、一番解決しにくいポイントであり、IoTの発展と突破的な適用を阻害している。なぜなら、この均質がなければ、接続されても、「あらゆる物」は互いにコミュニケーションできないし、理解できないし、互いに反応することも非常に困難です。</p>

ベトナムでは、IoTは、組織内で自発的に多様なアプリケーションがスマートホームの家具、スマートショッピングとして市場に参入した。 利益は膨大だけど、コストと財務障壁によって、これらのアプリケーションのアクセスが難しく、あまり広く使われていない。

<p>ベトナムでは、IoTは、組織内で自発的に多様なアプリケーションがスマートホームの家具、スマートショッピングとして市場に参入した。 利益は膨大だけど、コストと財務障壁によって、これらのアプリケーションのアクセスが難しく、あまり広く使われていない。</p>

以上の障壁にもかかわらず、CO-WELLは最近、IoTの研究、オリエンテーション開発に集中し始めている。 優秀な人材を抱えるダナン支店は、将来のCOWELLのIoTセンターになることが期待される。 私たちは、農業生産、ビジネスサービスなどに関する応用に集中し、市場へ簡単にアクセスできる要素を優先する。

<p>以上の障壁にもかかわらず、CO-WELLは最近、IoTの研究、オリエンテーション開発に集中し始めている。 優秀な人材を抱えるダナン支店は、将来のCOWELLのIoTセンターになることが期待される。 私たちは、農業生産、ビジネスサービスなどに関する応用に集中し、市場へ簡単にアクセスできる要素を優先する。</p>