AR概念

オーグメンティッド・リアリティー(拡張現実・AR)は周辺環境を記録した映像をその場で直接に、又はその前に撮影された動画で観察することを可能にする技術です。実際に記録した実際の映像に、音声・グラフィックス・GPSデータ等コンピューターにより作られた仮想の要素のレイヤーを重ねて現実に対するユーザの見方を改編するのです。

AR技術

ARアプリケーション・システムのキー・ポイントは映像の現実的です。それを作るために、まずはARソフトウェアで実環境を撮った映像を「画像登録」というプロセスで抽出する必要があります。

このプロセスはコンピューター視覚に関する技法を利用し、①「肝心な点」(Interest Point)・「基準マーカー」(Fiducial Marker)・「オプティカル・フロー」(Optical Flow)を決めるのと、②そのステップで収集できたデータから実環境の座標系を再生し実際の映像にデジタル情報データをかけるの2つのステージを実施します。

<p>ARアプリケーション・システムのキー・ポイントは映像の現実的です。それを作るために、まずはARソフトウェアで実環境を撮った映像を「画像登録」というプロセスで抽出する必要があります。</p>
<p>このプロセスはコンピューター視覚に関する技法を利用し、①「肝心な点」(Interest Point)・「基準マーカー」(Fiducial Marker)・「オプティカル・フロー」(Optical Flow)を決めるのと、②そのステップで収集できたデータから実環境の座標系を再生し実際の映像にデジタル情報データをかけるの2つのステージを実施します。</p>

VRと同様で、ソフトウェアやアルゴリズムの他にユーザへARの体験を与えるためには専用デバイスも不可欠になります。スマートフォン・タブレット、眼鏡、HUD(ヘッドアップ表示)、スマート眼鏡等のディスプレイ系装置及びセンサー装置、インプット装置並びに処理装置が挙げられます。

<p>VRと同様で、ソフトウェアやアルゴリズムの他にユーザへARの体験を与えるためには専用デバイスも不可欠になります。スマートフォン・タブレット、眼鏡、HUD(ヘッドアップ表示)、スマート眼鏡等のディスプレイ系装置及びセンサー装置、インプット装置並びに処理装置が挙げられます。</p>

適用分野

ARは教育・芸術・医療・リテール・貿易・建築建設・旅行・国防等ビジネスと生活のあらゆる分野に適用できるため、将来にVRよりも成長すると予測されています。ただ、現在はゲームと娯楽の分野にしか導入されていません。

<p>ARは教育・芸術・医療・リテール・貿易・建築建設・旅行・国防等ビジネスと生活のあらゆる分野に適用できるため、将来にVRよりも成長すると予測されています。ただ、現在はゲームと娯楽の分野にしか導入されていません。</p>
<p>ARは教育・芸術・医療・リテール・貿易・建築建設・旅行・国防等ビジネスと生活のあらゆる分野に適用できるため、将来にVRよりも成長すると予測されています。ただ、現在はゲームと娯楽の分野にしか導入されていません。</p>