人工知能 AI

人工知能(AI)とは、人間と同様の知能であり、機械の形で表される行動、知覚、思考として定義されている。簡単に言えば、周囲の環境を認識し、行動を分析し、目標を達成することを最大化する可能性があるデバイスは、人工知能があるデバイスと見なされる。

現在、AIは弱い人工知能(Narrow AIまたはWeak AI)として知られています。これは、人知がない人工知能であり、人間の認識・鋭敏・思考に欠けていて、自動的に簡単なタスクを実現することに集中する。

 

Siriは、このタイプの人工知能の典型的な例であると考えられて、社会的コミュニケーションと自己認識と知能がないで、 ユーザーの限られる音声入力コマンドで運行またはコミュニケーションできるだけ。

しかし、AI分野の未来は、汎用人工知能(General AI, AGI またはStrong AI)の研究開発を進めることである。 詳しく言うと、予めインストールされる具体的なタスク(チェスをすることとか、自動的に運転することとか)を実現する代わりに、機械は、認識を適用することは必要なタスクを実現したり、人間と同様に行動する。

<p>しかし、AI分野の未来は、汎用人工知能(General AI, AGI またはStrong AI)の研究開発を進めることである。 詳しく言うと、予めインストールされる具体的なタスク(チェスをすることとか、自動的に運転することとか)を実現する代わりに、機械は、認識を適用することは必要なタスクを実現したり、人間と同様に行動する。</p>

ベトナムでは、AIはまだ新しい分野である。 いくつかの大規模なIT企業はこの分野の研究に着投資し始めて、情報管理、広告などに関する弱い人工知能に小規模に応用している。テクノロジーの流れに乗り、CO-WELLは2016年からこの分野について研究を開始して、今後もこのテクノロジーの動向に投資し続ける。 私たちの目標は、顧客と技術的に超複雑な応用を発売しないで、最も実用的な価値を与えることです。

<p>ベトナムでは、AIはまだ新しい分野である。 いくつかの大規模なIT企業はこの分野の研究に着投資し始めて、情報管理、広告などに関する弱い人工知能に小規模に応用している。テクノロジーの流れに乗り、CO-WELLは2016年からこの分野について研究を開始して、今後もこのテクノロジーの動向に投資し続ける。 私たちの目標は、顧客と技術的に超複雑な応用を発売しないで、最も実用的な価値を与えることです。</p>